日本消化器病学会編集によるオフィシャルなガイドラインとして慢性膵炎診療ガイドラインが発刊されました。

慢性膵炎に関わる膨大な文献を吟味し、診療上で問題となるクリニカルクエスチョン(CQ)に対して、推奨グレードとエビデンスレベルを明記して診療の指針を示してあります。

慢性膵炎の診断、病期診断、治療、予後の現時点における標準的内容がわかるようになっています。

慢性膵炎 診療ガイドライン

慢性膵炎診療ガイドライン

予後

・CQ4-01 内視鏡的治療は慢性膵炎の病態進行の阻止に有効か?

有効とする根拠に乏しい C2 海外 IV a 日本 IV a

・CQ4-02外科手術は慢性膵炎の病態進行の阻止に有効か?

膵内外分泌機能が保持されている代償期に行われた膵管ドレナージ手術は、膵内外分泌機能障害の進行を遅らせる。 B 海外 II 日本 IV b

・CQ4-03 慢性膵炎は癌合併の高リスク群か?

慢性膵炎は膵癌合併のリスクが高い 海外I 日本 IV a
以外の癌合併のリスクについては明らかでないが、慢性膵炎の死因別分析では悪性新生物が最も多い  海外 I 日本 Iva

・CQ4-04 患者の生命予後は何によって規定されるか?

死亡原因は悪性腫瘍(特に膵癌)、腎不全糖尿病である。予後と関連する因子はアルコール膵炎では診断時の年齢、喫煙、糖尿病、男性、疼痛経過、飲酒継続であり、非アルコール性では診断時の年齢、糖尿病、喫煙である。海外N/A 日本IV a
アルコール性膵炎は非アルコール性膵炎よりも予後不良である。 海外 N/A 日本 IV a

・CQ4-05 慢性膵炎患者に対してどのような経過観察が必要か?

腹痛、膵酵素、膵内外分泌機能及び膵の画像上の変化を長期にわたり定期的に経過観察する必要がある。 C1 海外 IV a 日本 IV a
飲酒および喫煙状態を経過観察して、アルコール性では禁酒を、成因にかかわらず禁煙を指導する必要がある。 B 海外 IV a 日本 IV a
膵癌の合併頻度が高い状態を考慮した経過観察が必要である。 B 海外 IV a 日本 IV a