人類が経験する痛さの中でも最強なのは「膵炎・結石・通風」と言われていますが、しばらく更新をお休みしている間に尿路結石を経験してまいりました。
膵炎は冬場に多く、今の歓送迎会ラッシュが終わると一息つきますが、これからの季節は汗を多くかくため水分不足から、尿が濃縮して結石ができやすいので尿路結石が増えてくるそうです。
日本人では男性の7人に1人、女性の15人に1人が経験するといわれています。
上から腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と石の発見される部位で呼び方が違うのですが、約95%は腎臓と尿管に見つかる石です。
結石が腎臓内にとどまっているうちには痛みはないか、あっても背中の鈍痛程度。
それが尿の流れにのって尿管に降りてくると背中から脇腹、下腹部にかけて耐え難く差し込む激痛に見舞われるそうです。
「そうです」と書いたのは私の場合は耐え難いほどの痛みではなかったからで、膵炎に比べれば「(´<_` )」くらいの痛みでした。 例えて言うなら、虫歯で物を噛んだときのズッキーンと言う痛みが2~3時間続くような感じでした。 大きな物は体外衝撃波結石粉砕術や内視鏡術が必要になるらしいのですが、5mm以下の石は基本的に自然排泄を待つだけのようで、今回も利尿剤を点滴して2,3日で無事になくなりました。 一応、捕獲用の網を渡されていたのですが、残念ながら捕獲できず、誰かに売りつけてやろう 記念に飾っておこうというもくろみは失敗しました。(笑)
このとき何故か、麻酔科医に担当してもらったのですが、今まで痛がる患者を数多く診てきた経験からすると、膵炎のほうが痛そう(苦しそう)だと言うことでした。
麻酔科はERの患者さんも多く診るのですが、「膵炎患者にはうかつに近寄るな」と伝えられているそうです。
うずくまっている膵炎患者に近寄ってフルボッコにされた経験から来ているそうですが、突然暴れだすのでタチが悪いので近寄るときは足側から近寄らず頭のほうから近寄る事にしているそうです。
腎・尿管結石は食事に気をつけることで再発を防げるそうです。
基本は蓚酸、尿酸、シスチンなどを多く含んでいる食品を避けることで、ビール、肉、魚、大豆製品などプリン体の多い食事を減らすことが基本だそうです。
また、尿が濃くなると結石が出来やすいので、水を多く飲み、尿を薄くするようにします。しかも、尿が酸性にならないようにアルカリ性食品を多く摂取する必要があります。